お知らせ
2021.04.01
おかげさまで創業20周年を迎えました。
2021.03.02
経済産業省より「健康経営優良法人2021」(中小規模法人部門)に4年連続認定されました。
2021.03.01
絶賛採用募集中!

当社の最重要テーマ

  • 環境問題

    排出ガスによる地球温暖化、大気汚染を防止する為、輸送の効率化、アイドリングストップ等、エコドライブを実践し、環境保全のための継続的な改善を目視します。事業所におきましても太陽光発電設備を導入するなど、環境問題に対する取り組みを実践しております。

  • 交通安全への取組み- 安全は全てに優先する

    業務において、営業車両の運行のため公道を使用させて頂いていることにより、交通安全への取組みは、環境問題への取組みとともに大変重要であるため、交通事故ゼロ・違反ゼロを目指します。
    弊社では、インターネットを介した新しい適性診断システム『ナスバネット』を導入しています。

    運輸安全マネジメントとエコドライブ推進の取り組み(PDF)
  • 品質向上委員会の設置

    光運輸管理職を中心に、品質向上委員会を組織し、定期的に委員会議を実施します。
    この会議では、現場の意見を反映した、品質向上に向け、安全対策を協議し、統一した安全ルールや事故防止対策を考案、「事故を起こさない・事故に遭わない」為に、防衛運転に対する取組みを、営業車だけでなく、マイカー運転時にも励行・実践します。

  • コンプライアンス

    国⺠として遵守すべき道徳規範- 企業が社会的責任を果たしていく上で最も基本である。全社員への指導・体制強化、社会の一員として企業責任の遂行を徹底します。

    「ホワイト物流」推進運動 自主行動宣言書(PDF)
  • 健康経営

    弊社は、従業員の身体と心の健康が「従業員とその家族の幸福な生活のため」
    また、「事業場の生産性の向上」及び「活気ある職場づくりを構築するための重要な課題」
    であることを認識し、健康づくり対策に取り組みます。

    健康経営優良法人2021認定書(PDF)
    わかやま健康づくりチャレンジ運動登録証(PDF)
  • 情報セキュリティ基本方針

    弊社は、日々の業務を適切に行うにあたり情報セキュリティの重要さを理解し取り組んでいくことが必要であると考えております。
    当社とお客様からお預かりした情報資産をあらゆる脅威などから保護する為、社内全員で情報セキュリティに取り組みます。

    情報セキュリティ基本方針(PDF)
  • 事業継続計画(BCP)の策定

    弊社では、自然災害、大火災、テロ攻撃等緊急事態に遭遇した場合において、事業資産の損害を最小限にとどめ、社会インフラである物流の継続、早期復旧を可能とする為に『BCP(事業継続計画)』を策定しています。
    緊急事態で的確に判断し行動する為に、緊急時に行うべき行動や、緊急時に備えて行うべき行動をあらかじめ整理し取り決めておくBCPの策定が重要になります。

    BCP基本計画概略(PDF)

光運輸㈱は持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

SDGsへの取り組み

「持続可能な開発目標」(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても政府だけでなく様々な企業が積極的に取り組んでいます。

地球の未来と地球上の誰一人取り残さない取り組みを出来る事から。

HIKARI EXPRESS

○安全・安心の取り組み

"私たちは、「安全はすべてに優先する」をモットーに、安全安心な運行で業務がすすめられる環境整備、
全ての社員が安全安心に仕事が出来る環境づくり、そしてつながる明日の為の経済成長に取り組みます。"

◆ホワイト物流推進運動の遂行
◆全車両デジタコ・ドライブレコーダー搭載
◆車両安全装置(衝突軽減装置等)搭載
◆アルコールチェックをリアルタイムで確認
◆情報セキュリティー対策の取り組み(SECURITY ACTION)
◆アイドリングストップ機能付きトラック等低公害車の導入
◆BCPの策定
◆安全運転に対する表彰制度の導入

○環境への取り組み

"運送業界は二酸化炭素の排出が多いとされる業界になります。そのため地球の環境・温暖化などの諸問題のために
『できることからやってみる』取り組みを行っています。"

◆太陽光パネルの設置
◆LED照明の導入
◆家電リサイクル事業に従事
◆低炭素型ディーゼルトラック導入
◆社内のペーパーレス化の推進
◆燃費基準をクリアしたトラックの導入
◆再生タイヤの使用
◆グリーンカーテンの植樹

○教育・福祉・働き方への取り組み

"「人が原点」すべての人に平等なる教育・福祉・あらゆる働き方を、よりよい労働環境で。
「人財」を活かした未来の為の必要とされる企業に成長する取り組みを行います。"

◆健康経営優良法人認証の取得
◆血圧計・感染症対策等、健康維持のための配備
◆産業医の巡回指導
◆インフルエンザ予防接種費用全額負担
◆フォークリフト運転技能講習費用全額負担
◆上位運転免許取得費用補助支援
◆新入社員研修の実施(現業研修:乗務職・構内作業職)
◆管理職の外部研修参加の奨励
◆法定有給休暇日数に5日加算付与
◆インターンシップ制度の受け入れ
◆全社員,三大疾病保険加入費用負担
◆福利厚生相談窓口設置
◆ハラスメント相談窓口設置
◆傷病・介護による長期休暇の支援

輸送の安全に対する基本的な方針

光運輸株式会社は、輸送の安全の確保が最も重要であることを自覚し、法令遵守はもとより、安全に関して継続的改善を行い、環境にも配慮した運転をすることで無事故社会の実現に寄与し、誰からも信頼される物流企業を目指します。

平成24年7月1日 光運輸株式会社 代表取締役山田大介

今後の事業方針

今後の事業方針

先進的物流・情報技術を持ち、最高のサービスを提案・提供することにより、
お客様、従業員をはじめ、社会や全てのひとに貢献し信頼される企業づくりを目指します。
実現の為、高品質・ローコスト・付加価値のサービスを通じて、
企業価値の最適化・業界企業として責任を果たすため、品質向上・安全確保に取り組みます。